読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い象を追って

白い象を追い続けてはや20年 毎日が楽しさに溢れている

明日も生きる人

はっきりいって自分には何かしらの才能があると確信している。

こういうと過剰評価だのナルシストなど指摘されるが、どんな人にも才能は必ずあるはずだと僕は思う。

ただ気づいてないだけなんだ。

才能を発揮する場は時代により変化したり、消えたり、生まれたりする。

今流行りのユーチューバーなんてものも数年前に生まれたものだ。プロゲーマーもそうだ。新しい才能の場が生まれていってる。

ゲームが上手いことで職業になるなんて数十年前では考えられない。

これから先はもっともっと増えていく。既存の職業の多くがコンピューターに取られていくことは確実と言われている。

だからこそ、自らの潜在才能を否定してはいけない。

才能を発掘するためにはあらゆることに触れていかなくてはいけない。

そこを履き違えてはいけない。

まず最初は好きなことを自信を持って取り組むことが大切。

はっきりもっと勇敢になって、ね。

自分だけは裏切っちゃいけない。